MEDI-ECHO
TOP MEDI-ECHO 製品情報 サポート リンク集 お問合せ
MEDI-ECHO

MEDI-ECHO(メディエコー)とは?

MEDI-ECHO(メディエコー)とは、ICソリューションズ株式会社が開発・サポートしている医療機関様向けの医療情報管理ソフトです。(株)油井コンサルティングの「ドクターソフト」をベースとした医事会計・電子カルテシステムです。ICソリューションズは、「ドクターソフト」のディーラーとして、数多くの販売・導入・保守の実績があります。

調剤薬局用と診療所・病院用の2つのシステムをご用意

MEDI-ECHO

MEDI-ECHOは、調剤薬局用と診療所・病院用の2つのシステムをご用意しております。

調剤薬局向けのシステム「MEDI-ECHO P(メディエコー・ピー)」は、レセコンとしての基本機能に加え、調剤薬局の多様な業務に対応する総合的なソリューションを提供しています。薬剤情報印刷オリジナル薬袋印刷、手帳ラベル印刷、相互作用チェック、日報・月報などの各種帳票印刷、患者検索、在庫管理、家族管理などの機能を装備(標準/オプション)しています。

診療所・病院向けのシステム「MEDI-ECHO D(メディエコー・ディー)」は、電子カルテとレセコンを融合した、総合的な電子カルテ・医事会計ソリューションを提供しています。薬剤情報印刷オリジナル薬袋印刷、手帳ラベル印刷、相互作用チェック、日報・月報などの各種帳票印刷、検査結果のインポート、処方せん発行、カルテ印刷、患者管理、患者検索、在庫管理、ミニオーダリング、家族管理などの機能を装備(標準/オプション)しています。毎日の診療記録をシームレスに請求事務に反映させることができる優れたインターフェースを備えています。

ソフトレンタルだから市販パソコンで安価に導入&運用

パソコンは自由に選択可能です

MEDI-ECHOは、ソフトウェアのみのレンタル契約ですので、市販パソコンを使用することで安価に導入できます。レセコン専用機とは異なり機種選択は基本的にご自由ですので、CPUなどの性能・価格・液晶モニタの性能など技術革新の速いパソコンの世界において、リース契約に縛られず常に最新のパソコンで運用することもできます。また、ご契約期間中のパソコン入れ替えも可能です。

充実のサポート体制

サポートセンターの専門スタッフです

MEDI-ECHOをご使用中に何か困ったことが起きた場合は、「MEDI-ECHOサポートセンター」がフリーダイアルにてご利用いただけます。弊社の専門スタッフが、お客様の様々なご質問に丁寧にお答え致します。また、リモートメンテナンスをご利用いただきますと、お客様のモニタをサポートセンター内から直接確認することもできますので、お電話での状況説明が難しいケースでも素早く問題解決できます。

パソコン初心者でも分かりやすい操作性

マウスでもキーボードでも使いやすいインターフェースを採用

直感的に操作できるWYSIWIG型のインターフェースを備えているので、パソコン初心者の方でも、安心してお使いいただけます。ほとんどの操作は、メニューの選択で行えます。また、薬剤や加算等の入力は、3文字以内の「読み」でマスタを検索して行います。マウス、キーボードどちらでも操作可能な柔軟性のある入力システムを採用しています。キーボードの特定キーへの機能割り当てもご希望に応じて自由に設定できます。

データの再利用性を高めるデータベース構造

M16データベース

MEDI-ECHOは、データベースに書き込まれた入力内容を元に、患者検索、在庫管理、各種経営帳票の印刷、薬歴/カルテ印刷、オーダリングなどを行います。データは、基本的に永久保存です。5年経ったら、過去の入力内容が見えなくなるということはありません。さらに診療項目・計算論理・薬剤マスタなどを世代管理しているため、法改正後に法改正前の計算を行う必要が発生しても、何の手間もなくそのまま正しく計算することができます。

シンプルかつ、スムーズな窓口会計処理

M16データベース

診療報酬点数の各種加算項目は、入力されている項目や条件に応じて算定するかどうかのアドバイスが自動的に画面に表示されます。算定可能な項目は自動で算定するかどうかのアドバイスが表示され、算定できない項目は自動で点数が消されるため、請求漏れや間違いの心配もなくなります。入力する方の医療事務のスキルに関係なく、スムーズな処理が可能です。また、未収金の処理や、会計処理のみ後から行うことも可能です。

柔軟なセット・プリセット機能

プリセットウィンドウ

一度でも入力したマスタ項目は、小マスタに落とし込まれ、次回入力時に素早く入力することができます。小マスタの項目は、いつでもセットやプリセットに登録することができ、頻繁に使用する項目を瞬時に入力できるような工夫がなされています。また、過去の入力データからの転記もボタン1つで可能です。

使用するコンピュータ、内部のデータは完全にオープン

オープンシステムを採用

MEDI-ECHOは、ソフトウェアのみのレンタル方式での販売ですので、ソフト本体の法改正やバージョンアップに際して、別途料金が発生することはありません。使用するハードウェアについては、推奨する機種・スペックはございますが、32bit版もしくは64bit版Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimateが快適に動作するハードウェアであれば、問題なくご使用いただけます。(ただし、ご使用環境により必要スペックは大きく変わってまいります)また、内部のデータは、必要であればいつでも取り出せることができるオープンな設計になっています。

入力画面の大きさ・位置は自由に変更可能

ウィンドウの位置は自由自在

入力画面は、複数のウィンドウにより構成されています。一つ一つのウィンドウは、大きさや位置が固定されていません。画面上のどこにでも、自由にウィンドウを配置できますので、好みの大きさ・位置にすることができます。また、各種ボタンや、ショートカットの割り当てなどを自由に変更することができるなど、ソフトをより使いやすくするためのカスタマイズ機能が満載です。

複数の仕事を同時にこなして、能率アップ

同一画面上で他のソフトウェアを実行しながら、患者さんの登録や、項目の入力、窓口計算、在庫管理などの操作を行うことができます。例えば、ワープロソフトで文章を作りながら、患者さんの過去のカルテを参照することができます。またMEDI-ECHOの中でも、データベースを操作するソフトと、データベースを利用するソフトが別々になっているため、レセプトの印刷中に、カルテの入力を行ったりすることも可能です。

自賠責・労災・公害、地域公費にも対応

請求に対応している保険は、全ての社保・国保、労災(労災アフター)、公害、地域公費、介護保険(様式2号、5号、7号、10号、11号)です。同時に保険を複数持つ患者さんの入力も、基本的に一患者一登録で処理できます。複雑な保険の組み合わせにおいても、保険管理画面に複数の保険をグループ化してまとめて扱う機能がありますので、比較的簡単に入力が可能です。

※本ページに記載された社名・商品名は、各社における商標または登録商標です.

©Copyright IC Solutions co.,ltd. All rights reserved.